一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)について  【マイホームの年金化】



 

「正直老後が不安です」最近このような言葉をよく聞きます。「持家はあるけれども、老後資金がない。」
そんな悩みの解決策の一つとして「一般社団法人 移住住みかえ支援機構」の「マイホーム借上げ制度」があります。 

この制度は、主にシニア世代の「空室を心配しない安定収入の確保」と子育て世代への「広くて安価な住宅の供給」が目的となっている制度で、原則50歳以上の方を対象として、希望により同機構にマイホームを一定期間、あるいは終身で借上げてもらい(※要審査)、契約期間中は空き家になった場合でも利用者に賃料が支払われるいわば家賃保証制度です。

 持家を売却するには今はタイミングとしてどうか? そんな悩みの方に対して一定期間、賃貸として(定期借家)家賃収入を得ながらタイミングをはかって売却するのも選択肢の一つとなります。                           一定期間郊外に移住しながら、のんびりと暮らす。持家の都内の戸建やマンションを賃貸し、家賃収入と郊外の家賃支出の差額を公的年金の補完として老後の生活に備えるなど、ライフスタイルに様々な選択肢とヒントを与えてくれる制度です。

 

前のページに戻る

このページの上部へ